アート鑑賞レクチャー

  • ホーム  > 
  • アート鑑賞レクチャー
 

アート鑑賞ナビゲーター 川瀬由有希

アート鑑賞ナビゲーター 川瀬由有希
 
アート鑑賞レクチャー
アート鑑賞ナビゲーター 川瀬由有希
皆さま、はじめまして。アート鑑賞ナビゲーターの川瀬由有希です。
私はアメリカに留学した際、知識や枠にとらわれず、自由にアートを楽しむ人々の姿にとても感銘を受けました。そしてボストン大学で西洋美術がもつ「横のつながり」と「鑑賞の仕方」を中心に研究し、日本においても「自由に絵を観る文化」をより広めたいと、アート鑑賞レクチャー【Eomille(エオミル)】を始めました。
絵画の観方と感想は、観る人の数だけ存在しますし、どんな感想にも、その感想を抱くだけの理由が、作品の中に必ずあると、私は信じています。
ですから、私のアート鑑賞レクチャーでは、皆さまのあらゆる感想を歓迎しています。
その感想の源が何なのか、美術史に基づいた「横のつながり」と、自由な発想や観点から皆さまをナビゲートするのが、私、アート鑑賞ナビゲーターです。
時代や国を超えた画家や画風のつながりなど、美術作品がもつ「横のつながり」をたどることで、美術館で貸し出されるイヤホンガイドでは教えてくれない“鑑賞のツボ”がみえてきます。
そして、この“鑑賞のツボ”を抑えることで、さらに自由な絵の観方が生まれます。
自由で新鮮な絵の観方を皆さまと一緒に見つけていくことこそ、アート鑑賞ナビゲーターにとって、何よりの喜びです。
皆さまと共に「自由に絵を観る文化」を地元名古屋から広められれば幸いです。
【Eomille(エオミル)】で、絵画鑑賞のさらなる新しい扉を開けてみませんか?
 
【Eomille(エオミル)】は、フランス語で千≒「たくさんの」という意味を持つmille(ミル)からヒントを得て生み出した造語で、“何通りもの自由な観方で、絵を楽しんでほしい”という願いを込めました。
 

アート鑑賞ナビゲーター 川瀬由有希PROFILE

アート鑑賞ナビゲーター 川瀬由有希PROFILE
  1999年 ボストンのChapel Hill Chauncy Hall高校へ入学(17歳)
独自の着眼点で書く小論文の基礎と英語力を
徹底的に叩きこまれる
  2002年 ボストン大学Art and Science 学科にて
近代と現代の西洋美術史を中心に「鑑賞の仕方」を研究し卒業
  2006年  シカゴへ移り広告出版社にて実践を重ねる
  2009年 日本に帰国後PROJECT K の運営に加わり
アート鑑賞レクチャーを新事業としてスタートさせる
外国人講師とペアでナビゲートする英会話クラス新設
 
前月 2018年08月 翌月
フォーム
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
   
   
特別公開レクチャーの一部をご紹介!!
棟方志功
【ゴッホの志と「ねぶた」が生んだ、ピカソの感性】
金沢のめいてつ・エムザ アートフェスタ ’15 にて、特別公開レクチャーとして実施いたしました。
棟方志功の作品は、その独特で力強いデフォルメが効いた描写を楽しむことで、そのセンスと人柄が伝わってくるかのようです。その独特な志功の画風がどのように形成されていったのか、レクチャーの一部をご紹介します。
   
過去のレクチャーから、再度の開催も承ります!!
  アーカイブの中から、 「見逃したけれど、聞いてみたい!」 と思われるレクチャーがございましたら、
  3名様以上で再度開催致します!
  ぜひ、ご家族、お友達などお誘い合わせの上、お問合せください。
   
<<PROJECT K>> 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-33-5 TEL:052-562-5388 FAX:052-541-2489